全国交通運輸労働組合総連合(交通労連)が月1回発行している機関紙の編集後記です。時にゆるい感じの「組説」みたいな♪ネタの提供もお待ちしております。
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-11 (金) | 編集 |
またやってしまった…▼って何かというと、新潟に引き続き熊本でも金庫に財布を入れたまま別のホテルへ移動。またしても自宅に宅急便という始末。自分で自分が呆れる(泣)▼事はこれに収まらず、今度はアルツハイマーではなく「老化」なのではと思ってしまう出来事が▼久々に幹事会で「芝刈り」を行った際、同組に飛ばす若者がいたせいで、自分も最終Hで目一杯振ってみようと全力スイングしたら左脇腹に違和感が(汗)▼もしや昨年の古傷(東京駅階段落ちw)が再発?と思っていたら段々痛みが▼出張の最終日には単組コンペに召集されていたため、薬局でプロテクターを購入して参加。結果は二日前より十打スコアが良いという結果に(笑)▼帰京後、検査したら案の定、肋骨にヒビが(泣)。周りからは「力が抜けてよかったのでは」と言われる始末▼そんなことで、ゴルファーの方々、スコアが悪くなったら、軽く肋骨にヒビに入れてみてはいかが?(爆)【K】
スポンサーサイト
2016-10-13 (木) | 編集 |
大会も無事に終え、また同じような一年のサイクルがスタートした。新潟は参加者の評判もよく、成功裏に終了したと言えよう▼その大会後、市内で地元名物「へぎそば」を食していたら、ホテルの担当者から電話が。「Kさん、大事なもの忘れてますよ」と▼聞けば部屋の金庫に財布を忘れてきたと(泣)。取りに行くこともできず宅急便をお願いし、しょうがなく帰ることに。その時、先にお店を出た方から「傘を忘れたので持ってきて」との連絡が▼これは忘れまいと鞄の近くに置き、お店を出るとき預かったお金で支払いを済まし駅に向ったのだが、この時、傘をレジのカウンターに引っ掛けたことを駅の近くで気づきお店にリターン(泣)▼さらに週明け、事務所で新潟からの荷物を整理してたらホテルの部屋の鍵が(汗)▼間もなく五十、もしや若年性アルツハイマーでは?と思ってしまうのだが(違うだろ)、しっかりしなきゃと思う今日この頃である(笑)【K】
2016-05-09 (月) | 編集 |
一月に発生した熊本地震。東日本大震災から僅か五年、痛みも癒えぬまま死者四十九名、行方不明者一名、家屋損壊は約四万五千棟と大きな傷跡を残した▼発生直後、県内の組合員を中心に出来る限り連絡をとったが、幸いにして人的被害がなかったことが唯一の救い。しかし翌週、熊本に飛び加盟組合を訪問したら総支部事務所は壊滅状態、また、多くの組合員は避難生活を余儀なくされ、なかには駐車場から職場に出向いていた組合員も▼甚大な被害を受けた益城を車で通ったが、そこでは東日本の記憶が蘇るほど悲惨な光景を目の当たりにし、言葉を失った▼連合はまた「ボランティア活動」を開始する。労連も救援カンパ活動を行っているが、少しでも力になれればと再び被災地へ向う▼余談だが五年前、九州方面の部会幹事会を設定したら大震災が。そして今年、再び同設定をしたら熊本で…▼因果関係はないと思うが、九州方面の設定はしない方がいいのだろうか。【K】
2016-04-12 (火) | 編集 |
節柄、都内某所でリクルートスーツが目立つ。ちょいと前には和服s姿の親子も多く見られたが、いわいる「卒業」と「就職」の季節だ▼これらを彩るのが「桜」。既に都内ではピークを越えた感は否めないが、あちらこちらで「花見」している姿も見られる季節でもある▼筆者が在住する千葉県は、今週末が満開宣言。そう言えば、今年はまだ「花見」をしていないではないか。まぁ、「桜」を見なくても日々、呑んでいるからわざわざ出かけてする必要もないが、「後片付け」という「厄介物」もあるので良しとする(笑)▼気が付けば先週、我が家の三人息子も小・中・高でオール三年生。中と高に至っては来年が「お受験」ではないか▼自宅で勉強に励んでいる姿を見たことがないが(他の事には励んでるようだが…)、成績表を眺める限り進学が危うい(汗)。来年の今頃、「桜」が咲く前に「サクラ・チル」ことがないように、今から尻でも叩くことにしよう(笑)【K】
2016-02-22 (月) | 編集 |
またもやバスの事故が発生した。十年前から何も変わっておらず、安全対策には根本的な見直しが必要だ。内容は2面に譲るとして、他のモードでも「安全確保」は重要な問題だ▼というもの先月末、「恐怖」という二文字を体験した。日本航空に搭乗したのだが離陸の瞬間、エンジンから炎が。急着陸のすさまじい衝撃を体感した▼機内にいるため情報は乏しく、何が起きたのかは解り得ない。ここで機長のアナウンス。「ただいま離陸直前にトラブルがあり、煙はでていますが燃えていないのでご安心下さい」と。ところが横には消防車が?!▼その途中、組合員からNEWS情報が送られてきて見てみたら、「おーい、燃えとるやないかー!」。パニックを避けるために機長はそう言うしかなかったろうが、あとから背筋が凍りついた▼安全確保にはコストが必要である。運賃ダンピングで得られるものは何もない▼それにしても、いろんなことを体験するもんだな・・・。【K】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。